1988 天皇賞(秋)(G1) タマモクロス vs オグリキャップ

、「カイ食いが細いタマモクロスなら、調教だけでも仕上がるだろう」という小原の考えによりぶっつけで臨んだ天皇賞(秋)で、地方出身馬の雄・オグリキャップとの初対決となった。両馬のこれまでの経緯もあり、多くの競馬マスコミが「芦毛頂上決戦」(当時)と扱い大きな話題となった。臨戦態勢の差(オグリキャップは毎日王冠1着からの参戦)から、1番人気はオグリキャップに譲る形となった。レースでは、タマモクロスがこれまでと異なり、マイペースで逃げるレジェンドテイオーの直後につけるという先行策に打って出た。スローペースとタマモクロスの気性面の成長を織り込んで採用したこの作戦は功を奏し、粘り込みを図るレジェンドテイオーを最後の直線で交わすと、待機策を採ったオグリキャップの強襲を1 1/4馬身振り切り優勝、勝ち抜け制度が無くなった天皇賞において史上初の天皇賞春秋連覇となった。 典型的な大器晩成型の競走馬とされ、現在でも「全盛期のシンボリルドルフとも勝負ができた」と言われるなど根強いファンが存在する。爆笑問題の太田光はタマモクロスのレースを生で観戦した感想として「地面からエネルギーを吸収しているかのような力強い走りだった」と評している。 また、漫画「みどりのマキバオー」の主人公ミドリマキバオーのモデルはタマモクロスだと作者のつの丸が発言している。 第8回ジャパンカップで2着に敗れた時に日本競馬のレベルアップが伺える記述として「(1983年の第3回で)キョウエイプロミスが2着に来た時は意外な好走と言うことで(競馬ファンが)大騒ぎしていたが、今年(1988年)はタマモクロスが2着に沈んだ。と言うことで(優勝できずに)口惜しがり、大騒ぎとなった」と書かれていた。 現役時から噛み付き癖があり、種牡馬入りした後もそれは改善されなかった ...

 

Tags: 1988年, 天皇賞(秋), タマモクロス, Tamamo, Cross, オグリキャップ, Oguri, Cap, 芦毛対決, 秋の天皇賞馬, 天皇賞(秋), 秋天, , 府中, 東京競馬場, Tenno, Sho, Autumn, Grade1, Turf, 2000m, 3years, Old, And, Up,

 



User Comments & Reviews: 0 Comment(s)

Leave a comment:

Disclaimer: The Video, tag(s) and description on this page is provided by YouTube.com and is subject to the YouTube.com Terms of Service.

Horse Racing Events Calendar

April 2014
S M T W T F S
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10