1997 神戸新聞杯(G2) マチカネフクキタル vs サイレンススズカ 名勝負

秋は神戸新聞杯から始動し、サイレンススズカを驚異的な追い込みでゴール前で差し切って勝利を収めた。続く京都新聞杯では皐月賞・日本ダービーで1番人気に推されたメジロブライトを押しのけて1番人気に押され、その期待に応え2着のパルスビートに4分の3馬身差で勝利し菊花賞トライアルを連勝、菊花賞の有力候補へ躍り出る。しかし菊花賞では3番人気に甘んじる。これは父クリスタルグリッターズが短中距離馬と考えられていたこと、母系も母の父がトウショウボーイという背景から血統的に長距離競馬には向かないとの見方が強かったためであった[3]。結局レースではそんな不安説を一掃するかのようなレースぶりを見せ、見事優勝。900万下条件戦の勝利から4連勝となった。当時菊花賞の実況を担当していた杉本清アナウンサーの「神戸、そして京都に次いで菊の舞台でも福が来た!」と実況した。当馬の馬主である細川益男にとって初めてのGI級レースでの勝利となった。

 

Tags: 1997年, 神戸新聞杯, マチカネフクキタル, Matikane, fukukitaru, サイレンススズカ, Silence, Suzuka, 菊花賞トライアル, , 京都競馬場, Japanese, St., Leger, Trial, Grade2, Turf, 2000m, 3years, Old, Colts, And, Fillies,

 



User Comments & Reviews: 0 Comment(s)

Leave a comment:

Disclaimer: The Video, tag(s) and description on this page is provided by YouTube.com and is subject to the YouTube.com Terms of Service.

Horse Racing Events Calendar

November 2014
S M T W T F S
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6