1998 金鯱賞(G2) サイレンススズカ 大逃げ破格の圧勝劇

金鯱賞では、重賞3勝を含む4連勝中の菊花賞馬マチカネフクキタル・重賞2勝を含む5連勝中で後に香港国際カップを制するミッドナイトベット・重賞1勝を含む4連勝中のタイキエルドラドが出走するという非常にハイレベルなレースであったにも拘らず、重賞競走では非常に珍しい大差勝ち(11馬身差 タイム差1.8秒)のレコードタイムでの圧勝。この時中京競馬場では、あまりの大差に4コーナーを回った時点で既に拍手と喝采が贈られ直線では大勢の観客から笑いがこぼれると言う珍事が起こった。ラジオたんぱのレース中継では、4コーナーを回る時に「さあ、拍手に送られて~」と実況されている。武はゴール50m手前から小さくガッツポーズしている[3]。 レースの内容も、最初の2戦こそただがむしゃらに走ってその能力差だけで勝っている状態だったものの、その後は息を入れることを覚えたためか二の脚を使えるようになるなど内容もよくなっており、後に「逃げて差す」と言われたスタイルも完成した。調教師の橋田もこの姿を「今なら安心して見ていられるよ」と語っていた。また、この時期から最大の目標を天皇賞(秋)に見据え始めた。

 

Tags: 1998年, 金鯱賞, サイレンススズカ, Silence, Suzuka, ミッドナイトベット, Midnight, Bet, 中京競馬場, Kinko, Sho, Takarazuka, Kinen, Step, Race, Grade2, Turf, 2000m, 3years, Old, And, Up, 武豊騎手, 日本最強馬, japanese, stro

 



User Comments & Reviews: 0 Comment(s)

Leave a comment:

Disclaimer: The Video, tag(s) and description on this page is provided by YouTube.com and is subject to the YouTube.com Terms of Service.

Horse Racing Events Calendar

August 2014
S M T W T F S
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6