2006 ジャパンカップ(G1) ディープインパクト Deep Impact

11月26日の復帰戦ジャパンカップでは、2005年の有馬記念以来となったハーツクライとの再戦に注目が集まった。競馬マスコミは両馬の再戦を煽ったが、ディープインパクトは上述の薬物騒動→凱旋門賞失格のゴタゴタがまだ払拭されておらず、ハーツクライも、陣営が同馬に喘鳴症の兆候がある事を明かす(この時点では、レースには影響ないはずというスタンスであった)等、世紀の再戦というにはやや影のあるムードだった。ディープインパクトの単勝支持率は61.2%で、日本国内で走ったレースの中では最も低かったが、これでもジャパンカップ史上最高の支持率だった。なお、同レースは海外からは当年のカルティエ賞年度代表馬ウィジャボードを含む2頭しか出走せず、日本馬を合わせても11頭しかいないという、ジャパンカップとしては少数立てのレースとなった(理由はディープの強さを他の厩舎が知っていたことにより出走回避が相次いだ為)。レースはディープインパクトが終始最後方で待機、直線に向くと内に入ったウィジャボードを初めとする他馬を一気に捲くり、直線残り400mあたりからムチの連打で追い込み、残り200m付近でドリームパスポートを差し切り、2馬身差をつけ優勝した。レース後は武豊がウイニングランを行い、ファンに健在ぶりをアピールした。そして表彰式に出るときに武豊はファンと一緒になって万歳三唱をした。記念撮影では武の5本指に金子オーナーの1本指が加わって六冠を表す6本指が出来た。一方、再戦ムードを盛り上げたハーツクライは、陣営の予測以上に喘鳴症が進行しており、まったく見せ場なく10着に敗れた。

 

Tags: 2006年, ジャパンカップ, 日本盃, ディープインパクト, wins:, Deep, Impact, ドリームパスポート, 2nd:, Dream, Passport, ウイジャボード, 3rd:, Ouija, Board, ジャパンC, JC, Japan, Cup, Invitational, Japan's, Most, Prestig

 



User Comments & Reviews: 0 Comment(s)

Leave a comment:

Disclaimer: The Video, tag(s) and description on this page is provided by YouTube.com and is subject to the YouTube.com Terms of Service.

Horse Racing Events Calendar

November 2014
S M T W T F S
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6