Videos tagged with "サンデーサイレンス"

きんもくせい特別 2012.10.27 ゴットフリート 新潟芝外1600m 芝Aコース [01:46]
2012年10月27日 4回新潟5日目10R きんもくせい特別 芝1600m 2歳 500万下 10頭立 14:50発走 / 馬齢 (混合) 天候:晴 芝:良 1.ゴットフリート 1:34.1-32.6 2.マイネルホウオウ 1:34.1-32.9 3.バッドボーイ 1:34.3-32.8 4.タイセイドリーム 5.サングブルー 6.ボブキャット 7.シャスターデイジー 8.アポロカーネル 9.サンガヴィーノ 10.バイオレットムーン 新潟10Rのきんもくせい特別(2歳500万下、芝1600m)は5番人気ゴットフリート(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒1(良)。ハナ差2着に2番人気マイネルホウオウ、さらに1馬身1/4差で3着に10番人気バッドボーイが入った。 ゴットフリートは美浦・斎藤誠厩舎の2歳牡馬で、父ローエングリン、母マチカネエンジイロ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は2戦2勝となった。 ~レース後のコメント~ 1着 ゴットフリート(斎藤誠調教師) 「まだフラフラしたり、子供っぽいところはありますが、今日は後ろからの競馬でいい伸び脚でした。折り合いもつきますし、距離も持ちそうですし、相手なりに伸びる馬ですから、視野が広がりました。去年のアルフレードと同じパターンで2連勝、この後はオーナーと相談してからになります」 2着 マイネルホウオウ(丹内騎手) 「前に壁があった方が折り合いがつきます。前走はそれが出来ませんでしたから、今日はそのことを考えて乗りました。外の馬の方が勢いが良かったです」 3着 バッドボーイ(中井騎手) 「前走は2番手からの競馬で勝ちましたが、今日は後ろから終いを生かす競馬をしました。テンションが高かったですが、いい脚でした。直線の長い競馬場は合っていますし、これからが楽しみです」 4着 タイセイドリーム(大野騎手) 「新潟の硬い芝で ...

札幌2歳ステークス 2012.09.01 コディーノ 札幌芝1800m 芝Cコース [01:59]
2012年9月1日 2回札幌5日目11R 第47回 札幌2歳ステークス GIII 芝1800m 芝Cコース 2歳 オープン 14頭立 15:25発走 / 馬齢 国際 天候:晴 芝:良 1.コディーノ 1:48.5 - 34.6 2.ラウンドワールド 1:48.8 - 34.3 3.エデンロック 1:49.2 - 34.8 4.ロゴタイプ5.コスモシルバード6.グランデアモーレ7.トーセンパワフル8.ブリリアントアスク9.マイネルホウオウ10.アポロカーネル11.タマモコンパス12.ジェネラルグラント13.ロードクラヴィウス14.マコトタンホイザー3番人気コディーノ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒5。1馬身3/4差の2着に1番人気ラウンドワールドが、2馬身半差の3着に9番人気エデンロックがそれぞれ入線。 コディーノは美浦・藤沢和雄厩舎の2歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ハッピーパス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は2戦2勝となった。 レース後のコメント 1着 コディーノ 横山典弘騎手 「強かったです。前回はセンスと能力だけで勝ってくれたようなものでしたが、今日はゲートも出ましたし、折り合いもつきました。追ってからの反応もよかったですし、時計も大幅に詰めてくれましたからね。まだ若いですから、とにかく今後も無事にいって欲しいですね」 藤沢和雄調教師のコメント 「今日は引っかかることもなかったですし、反応もよかったですね。この血統は少し気の乗りやすいところがあるので、そこが少し心配でしたが、今日の競馬を見るかぎり大丈夫そうです。このあとはノーザンファームに放牧に出して、今後のことはこれから考えます」 2着 ラウンドワールド 岩田康誠騎手 「まだ完成形ではありません。徐々に力をつけている段階です。負けたことは悔しいですが、次がんばりたいと思います」 **メモ** 勝ちタイム1:48.5は2歳 ...
Tags: 札幌2歳ステークス, 20120901, コディーノ, 札幌芝1800m, 芝Cコース, 競馬, Horse, Racing, Sports, Horse Racing (Sport)

エピカ メイクデビュー小倉 2012.08.04 2歳新馬牝 小倉芝1200m [01:20]
1.エピカ2.パリュール3.セイントデジタル4.クロフネサプライズ5.フライトミューズ6.カシノワルツ7.ファインスカイ8.サカジロマリン9.サンミッシェル10.マイアリア11.ジョロキアキャット12.テイエムジャズ13.ヤマニンエトレンヌ2012年8月4日 2回小倉3日目 5R 2歳新馬牝 芝1200m 芝Aコース 2歳 新馬 13頭立 1220発走 / 馬齢 牝 天候:晴 芝:良3番人気エピカ(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒4。エピカは栗東・清水久詞厩舎の2歳牝馬で、父マイネルラヴ、母ティンクルハート(母の父サンデーサイレンス)。 1着 エピカ 浜中俊騎手 「返し馬のときからフワフワしていました。後方からの競馬でしたが、直線に向くところでエンジンがかかって、前の馬を交わすのは速かったです。抜け出してから物見をしたので、ゴール前で差を詰められましたが、攻め馬通り追ってからしっかりしていました。距離は延びてもいいと思います。いい馬です」 清水久詞調教師のコメント 「スタートを出て、最初はフワフワしていて位置取りが悪くなりました。しかし、馬ごみも怖がらず、終いは切れる脚を見せてくれました。勝ててホッとしています。小柄な牝馬ですが、追い切りのフットワークがよく、攻め馬通りの走りをしてくれました。距離はもう少し延びてもいいと思います。次走は馬の状態を見て決めたいと思います」
Tags: エピカ, メイクデビュー小倉, 20120804, 2歳新馬牝, 小倉芝1200m, 芝Aコース, 競馬, Horse, Sports, Racing

1999 天皇賞(春)(G1) スペシャルウィーク 王者の証 メジロブライト2着 [01:24]
天皇賞(春)は直線でメジロブライトの追撃を1/2馬身抑えて勝利した。 サンデーサイレンス産駒としては穏やかな性格で荒々しいところは少なく、競馬でかかることもまれだった。レースも調教も自分に与えられた仕事を黙々とこなす馬で、厩舎で牝馬とすれ違っても見向きもしなかったという[要出典] 。 3歳時には瞬発力と、前をとらえる勝負根性を生かして差しの戦法を用いることが多かったが、セイウンスカイやエルコンドルパサーなど前にいる馬をとらえ切れないレースが秋に続いた。古馬になってからは先行に近い戦法で競馬をすることで、確実に前をとらえる競馬ができるようになっていった。しかし、ややかかることもあり、宝塚記念では今度は差し馬のグラスワンダーに敗れたことや、京都大賞典での敗戦から、再び馬群の中団より後方で待機する差しの戦法を用いることになった。これが見事に的中し、調子を立て直して天皇賞(秋)やジャパンカップを連勝した。
Tags: 1999年, 天皇賞(春), スペシャルウィーク, wins:, Special, Week, メジロブライト, 2nd:, Mejiro, Bright, 春の天皇賞馬, 天皇賞(春), 春天, , , 京都競馬場, Tenno, Sho, Spring, Grade1, Turf, 3200m, 4years, old, and,

1994 朝日杯3歳ステークス(G1) フジキセキ vs スキーキャプテン [01:46]
デビュー戦は1994年8月20日の新潟での新馬戦。芝の1200メートルであった。出負けした後、好位を追走すると、最後の直線で一気に抜け出し、後続に8馬身の差をつける鮮烈なデビューを飾った。次走のオープン特別、もみじステークスも後のダービー馬タヤスツヨシ以下に快勝し、GI朝日杯3歳ステークスに駒を進める。これまでのレースぶりから堂々の1番人気に推された。レースでは好位から鋭く抜け出し、2着のスキーキャプテンをクビ差退け、無敗で3歳王者となった。着差はクビだが、騎手は鞭を入れておらず、着差以上に余裕のあるレースだった。 引退後は社台スタリオンステーションで繁養され、種牡馬としての道を歩むこととなった。サンデーサイレンス産駒初の種牡馬ということもあり注目を集めたが、繁殖シーズン中の急な種牡馬入りであったためか、初年度産駒は期待されたほどの結果を残せなかった。しかし、環境が整えられた2年目以降は安定した成績を収めており、リーディングサイアーランキングでも上位の常連となっている。父と同様にノーザンダンサーやミスタープロスペクターなど現在の主流血統を持たず5代前にボールドルーラー(あるいは6代前にナスルーラ)がいる程度で、牝馬と配合がしやすいため馬産地でも人気が高く、日本国内では2009年までに2686頭に種付けを行った。これらの評判は海外でも広まっており、日本の繁殖シーズン後にオーストラリアにシャトル種牡馬としてリースされた経験を持つ。おもな南半球産馬としては、日本で活躍しているキンシャサノキセキ、南アフリカのSun Classiqueらがいる。
Tags: 1994年, 朝日杯3歳ステークス, フジキセキ, wins:, Fuji, Kiseki, スキーキャプテン, 2nd:, Ski, Captain, 朝日杯フューチュリティステークス, 朝日杯FS, 朝日杯3歳S, 最優秀2歳牡馬, 中山競馬場, Asahi, Hai, Fut

1 | 2 | 3 | 4

   arlington   attele   australia   barrel   barrel racing   belmont   betting   calder   cars   cavalli   cheval   corse   course   cox   crash   cup   day   derby   dirt   diva   downs   dressage   driver   equestrian   equine   eventing   extreme   flemington   free   grid   handicap   handicapping   harness   harrahs   horse   horse racing   horseracing   horseracingkid   horses   hunter   ippica   jockey   jump   jumping   kart   lap   louisiana downs   makybe   mohawk   moonee   motor   nascar   new   oaks   of   order of finish   parimutuel betting   park   phar   plate   polish   pony   quarter   quarter horse   race   races   raceway   racing   replay   replays   riding   rodeo   selections   series   speed   speedway   sport   sports   stakes   stock   the   thoroughbred   thoroughbred horse racing   tor służewiec   trab   track   training   trav   trot   trotto   turf   valley   wagering   weg   western   woodbine   wyścigi konne   2009   2010  

Horse Racing Events Calendar

July 2014
S M T W T F S
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9