Videos tagged with "ドバイwc"

1998 ドバイワールドカップ(G1) Silver Charm vs Swain [02:21]
1998年のドバイワールドカップの優勝馬。2007年アメリカ競馬殿堂入り。 古馬となった翌1998年3月にはアラブ首長国連邦のドバイワールドカップ(ドバイ、ナドアルシバ競馬場)へ遠征。地元のスウェインに競り勝って世界最高額の優勝賞金を手にした。 勝つ時はいつも競り合いを制してのもので、図抜けてはいなかったが実に勝負強く、フリーハウスやスウェインといったライバルと数多くの名勝負を残した。1999年にブラッド・ホース誌が選出した「20世紀のアメリカ名馬100選」で第63位に選ばれたほか、2007年にはアメリカ競馬の殿堂入りを果たしている。
Tags: 1998年, ドバイワールドカップ, Dubai, World, Cup, シルバーチャーム, wins:, Silver, Charm, スウェイン, 2nd:, Swain, ドバイWC, ゲイリー・スティーヴンス騎手, Gary, Lynn, Stevens, アメリカ最強ダートホース,

1997 ドバイワールドカップ(G1) Singspiel ホクトベガの悲劇 [02:05]
シングスピールは世界最高賞金競走ドバイワールドカップに出走。初のダートでの競走であったがアメリカのサイフォン等を破り優勝した。 一方のホクトベガはこのレースをもって競走からは引退、レース後はそのまま渡欧させ、ヨーロッパの一流種牡馬との交配が計画されていた。 しかし、当初の開催予定日(3月29日)に当地ドバイでは数十年に一度という猛烈なスコールとなり、順延となった。そしてレースとなった4月3日、ホクトベガは4コーナーで前を行くルソー(Luso)に接触して転倒、競走を中止。さらに後続のビジューダンド(Bijou d'Inde)が巻き込まれる形で追突、ホクトベガは左前腕節部複雑骨折により予後不良と診断され、安楽死処置を受けた。手綱をとった横山典弘はのちに、自らの強引な騎乗がアクシデントを引き起こしたと悔いた。
Tags: 1997年, ドバイワールドカップ, Dubai, World, Cup, シングスピール, wins:, Singspiel, ホクトベガ, Hokuto, Vega, ドバイWC, 横山典弘騎手, ヨコテン, 最優秀ダートホース, 世界的名馬, champion, horse, 歴史的名

2006 ドバイワールドカップ(G1) Electrocutionist 最強オールラウンダー [02:04]
2006年初戦は、ドバイワールドカップを見据え、その前哨戦・マクトゥームチャレンジラウンド3に出走。このレースから、ゴドルフィンの専属騎手である世界的名手ランフランコ・デットーリが鞍上を務める。レースでは初のダート戦ながら7馬身差をつけて圧勝。カネヒキリも出走したドバイワールドカップでも危なげなく勝利し、G1・3勝目を飾る。
Tags: 2006, ドバイワールドカップ, Dubai, World, Cup, エレクトロキューショニスト, wins:, Electrocutionist, ウィルコ, 2nd:, Wilko, カネヒキリ, 4th:, Kane, Hekili, ドバイWC, ランフランコ・デットーリ騎手, L・デッ

1996 ドバイワールドカップ(G1) シガー 世界最強馬の実力 [02:14]
ブリーダーズカップ・クラシック、ドバイワールドカップなどに優勝し、サイテーションに並ぶ16連勝を達成した。『20世紀のアメリカ名馬100選』では18位に選出されている。 デビュー当初は父パレスミュージックが芝のレースで良績を残していたことから、芝のレースを中心に走っていたが、下級戦でも惨敗を繰り返すなど結局11戦して1勝に終わった。だが、4歳の10月に久々のダートレースに出走すると8馬身差で勝利した。続いてNYRAマイルハンデキャップ(G1)出走、このレースにはG1を5勝したデヴィルヒズデューも出走していたが、7馬身差で勝利した。 さらにその後もG1戦線で勝利を続け、迎えたブリーダーズカップ・クラシックでもルキャリエールを相手に2馬身半差で優勝し、この年のエクリプス賞年度代表馬に選出された。 翌年、ドンハンデキャップを連覇、ドバイワールドカップでもソウルオブザマターとの叩き合いを制し、連勝記録は14にまで伸びていた。次走マサチューセッツハンデキャップも勝利し、サイテーションの持つ20世紀のアメリカの連勝記録へ王手をかけたシガーに対し、サイテーションチャレンジと言う競走が企画された。このレースでも圧倒的な強さを見せ、半世紀ぶり、グレード制導入後では初となる16連勝を達成した。
Tags: 1996年, ドバイワールドカップ, シガー, ソウルオブザマター, ライブリマウント, ドバイWC, ジェリー・D・ベイリー騎手, アメリカ年度代表馬, 米年度代表馬, 米最強ダートホース, 世界最強ダー

2004 ドバイワールドカップ(G1) Pleasantly Perfect vs Medaglia D'Oro [02:12]
2003年から2004年のアメリカ競馬を代表した1頭でブリーダーズカップクラシックとドバイワールドカップなどに勝利した。 2004年ドバイワールドカップは前評判通りプレザントリーパーフェクトとメダーリアドーロが壮絶な叩き合いの末、前者に軍配が上がった。 アドマイヤドンがこのレースに出走したが8着に敗れた。
Tags: 2004年, ドバイワールドカップ, Dubai, World, Cup, プレザントリーパーフェクト, wins:, Pleasantly, Perfect, メダーリアドーロ, 2nd:, Medaglia, D'Oro, アドマイヤドン, lost:, Admire, Don, ドバイWC, アメリカ最強馬

1 | 2

   arlington   attele   australia   barrel   barrel racing   belmont   betting   calder   cars   cavalli   cheval   corse   course   cox   crash   cup   day   derby   dirt   diva   downs   dressage   driver   equestrian   equine   eventing   extreme   flemington   free   grid   handicap   handicapping   harness   harrahs   horse   horse racing   horseracing   horseracingkid   horses   hunter   ippica   jockey   jump   jumping   kart   lap   louisiana downs   makybe   mohawk   moonee   motor   nascar   new   oaks   of   order of finish   parimutuel betting   park   phar   plate   polish   pony   quarter   quarter horse   race   races   raceway   racing   replay   replays   riding   rodeo   selections   series   speed   speedway   sport   sports   stakes   stock   the   thoroughbred   thoroughbred horse racing   tor służewiec   trab   track   training   trav   trot   trotto   turf   valley   wagering   weg   western   woodbine   wyścigi konne   2009   2010  

Horse Racing Events Calendar

November 2014
S M T W T F S
26 27 28 29 30 31 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 1 2 3 4 5 6