Videos tagged with "世界最強馬"

1996 凱旋門賞(G1) エリシオ Helissio ピルサドスキー2着 [02:41]
9月のニエル賞も制して臨んだ凱旋門賞では1番人気に支持されると2着ピルサドスキーに5馬身差をつけて優勝した。ペリエがゴールよりも遥か手前でガッツポーズを始めるほどの楽勝だった。その後日本に遠征しジャパンカップに参戦したがシングスピール、ファビラスラフインに交わされ3着に敗れた。この年の活躍が評価され、カルティエ賞年度代表馬、最優秀3歳牡馬、最優秀3歳馬に選出され、インターナショナル・クラシフィケーションではシガーの135ポンドに次ぐ134ポンドが与えられた。 凱旋門賞でペリエは大逃げという戦法を選んだが、ペリエは後のインタビューでこの戦法について「日本で騎乗していなかったら、このような大胆な戦法をとることはできなかった」と語っている。
Tags: 1996年, 凱旋門賞, Prix, de, l'Arc, Triomphe, THE, ARC, エリシオ, wins:, Helissio, ピルサドスキー, 2nd:, Pilsudski, 凱旋門賞馬, 世界最強馬, 欧州最強馬, ワールドチャンピオンホース, ロンシャン競馬場, オリ

1996 ドバイワールドカップ(G1) シガー 世界最強馬の実力 [02:14]
ブリーダーズカップ・クラシック、ドバイワールドカップなどに優勝し、サイテーションに並ぶ16連勝を達成した。『20世紀のアメリカ名馬100選』では18位に選出されている。 デビュー当初は父パレスミュージックが芝のレースで良績を残していたことから、芝のレースを中心に走っていたが、下級戦でも惨敗を繰り返すなど結局11戦して1勝に終わった。だが、4歳の10月に久々のダートレースに出走すると8馬身差で勝利した。続いてNYRAマイルハンデキャップ(G1)出走、このレースにはG1を5勝したデヴィルヒズデューも出走していたが、7馬身差で勝利した。 さらにその後もG1戦線で勝利を続け、迎えたブリーダーズカップ・クラシックでもルキャリエールを相手に2馬身半差で優勝し、この年のエクリプス賞年度代表馬に選出された。 翌年、ドンハンデキャップを連覇、ドバイワールドカップでもソウルオブザマターとの叩き合いを制し、連勝記録は14にまで伸びていた。次走マサチューセッツハンデキャップも勝利し、サイテーションの持つ20世紀のアメリカの連勝記録へ王手をかけたシガーに対し、サイテーションチャレンジと言う競走が企画された。このレースでも圧倒的な強さを見せ、半世紀ぶり、グレード制導入後では初となる16連勝を達成した。
Tags: 1996年, ドバイワールドカップ, シガー, ソウルオブザマター, ライブリマウント, ドバイWC, ジェリー・D・ベイリー騎手, アメリカ年度代表馬, 米年度代表馬, 米最強ダートホース, 世界最強ダー

2001 凱旋門賞(G1) サキー 6馬身差圧勝劇 デットーリが惚れた名馬 [02:52]
2001年7月の準重賞でランフランコ・デットーリを背に約1年ぶりに復帰し、勝利を収めると、次走のインターナショナルステークスでは2着のグランデラに7馬身差をつける大勝。念願のG1を制覇する。その後はチャンピオンステークスに向かう予定であったが、デットーリの要望で凱旋門賞に出走し、6馬身差で圧勝する。続いてダートのブリーダーズカップ・クラシックに出走しティズナウのハナ差2着と健闘。そのため陣営は翌年のドバイワールドカップに目標を定める。しかし、プレップレースであるドバイの一般競走を快勝したものの、本番のドバイワールドカップでは、同じくゴドルフィン所属の勝ち馬ストリートクライから8馬身半離された3着と完敗した。その後は状態面の問題から復帰がずれ込み、8月のG3競走ゴントービロン賞で戦列に戻ったものの格下のメンバーを相手に2着敗戦。本調子を取り戻せないことからこのレースを最後に引退し、種牡馬入りした。
Tags: 2001年, 第80回, 凱旋門賞, Prix, de, l'Arc, Triomphe, THE, ARC, サキー, wins:, Sakhee, アクアレリスト, 雅佳利, 2nd:, Aquarelliste, サガシティ, 掃海艇, 3rd:, Sagacity, ゴーラン, 4th:, Golan, 凱旋門賞馬, 世界最強馬,

2004 凱旋門賞(G1) Bago 善戦馬が激走 タップダンスシチー出走 [02:32]
ここまでマイルから中距離路線を中心に使われてきたバゴだが、凱旋門賞(G1)に出走するため、そのプレップレースであるニエル賞(G2)に出走し、3着とまずまずの結果となる。迎えた凱旋門賞では、ここ2戦で3着どまりということからか、5番人気に留まった。しかし、レースでは抜け出したチェリーミックスを差し切り優勝。この年のカルティエ賞最優秀3歳牡馬に選ばれた。この後引退し、種牡馬入りも検討されたが翌年も現役を続行することとなった。
Tags: 2004年, 凱旋門賞, Prix, de, l'Arc, Triomphe, THE, ARC, バゴ, wins:, Bago, チェリーミックス, 2nd:, Cherry, Mix, タップダンスシチー, lost:, Tap, Dance, City, 凱旋門賞馬, 世界最強馬, 欧州最強馬, ワールドチャンピ

2008 ドバイWC(G1) カーリン 世界最強馬の実力 ヴァーミリアン出走 [02:15]
前年のBCクラシック制覇が評価され、2007年度のエクリプス賞年度代表馬に選ばれた。 2008年初戦はドバイワールドカップを見据えて、現地のハンデ戦に出走した。他馬とは約7キロ差の60キロというハンデを背負ったが、直線であっさり抜け出すとそのまま後続に2と1/4馬身つけて快勝。続く本番のドバイワールドカップでも、直線半ばで向けだすと、後は独走状態になり圧勝した。 主な勝ち鞍は2007年ブリーダーズカップ・クラシック、プリークネスステークス、ジョッキークラブゴールドカップ、2008年ドバイワールドカップ。
Tags: 2008年, ドバイワールドカップ, Dubai, World, Cup, カーリン, Curlin, アジアティックボーイ, Asiatic, Boy, ヴァーミリアン, Vermilion, defeated, ドバイWC, ロビー・アルバラード騎手, R.アルバラード騎手, Robb

   arlington   attele   australia   barrel   barrel racing   belmont   betting   calder   cars   cavalli   cheval   corse   course   cox   crash   cup   day   derby   dirt   diva   downs   dressage   driver   equestrian   equine   eventing   extreme   flemington   free   grid   handicap   handicapping   harness   harrahs   horse   horse racing   horseracing   horseracingkid   horses   hunter   ippica   jockey   jump   jumping   kart   lap   louisiana downs   makybe   mohawk   moonee   motor   nascar   new   oaks   of   order of finish   parimutuel betting   park   phar   plate   polish   pony   quarter   quarter horse   race   races   raceway   racing   replay   replays   riding   rodeo   selections   series   speed   speedway   sport   sports   stakes   stock   the   thoroughbred   thoroughbred horse racing   tor służewiec   trab   track   training   trav   trot   trotto   turf   valley   wagering   weg   western   woodbine   wyścigi konne   2009   2010  

Horse Racing Events Calendar

April 2014
S M T W T F S
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10