Videos tagged with "天皇賞前哨戦"

2009 オールカマー(G2) マツリダゴッホ 逃げ快勝 中山のスペシャリスト [02:50]
9月27日のオールカマーに出走し、鞍上の横山典弘がスタートからハナを奪うとそのまま最後まで脚色が衰えることなくゴールイン。JRA史上5頭目の同一重賞3連覇を達成した。迎えた天皇賞(秋)では道中3番手でレースを進めるも直線で失速しブービーの17着と大敗した。 経歴のとおり、重賞勝ち(アメリカジョッキークラブカップ、オールカマー3回、有馬記念、日経賞)はすべて中山競馬場で挙げているほどの中山巧者で、全体でも13戦8勝と高い勝率を誇り、負けたレースも2着1回3着1回、と競走中止となったセントライト記念と5、6歳時の有馬記念を除けばすべて馬券に絡んでいる。その反面、中山競馬場以外では札幌競馬場での2勝があるのみで、特に東京競馬場のような左回りのレースでは不本意な結果(最高で2008年ジャパンカップの4着)となることが多い。有馬記念勝利後、国枝調教師は「練習すれば左回りも大丈夫」と苦手な左回りの克服に自信を見せたが、最後に冗談のように「他のGIも中山競馬場でやるよう、JRAにお願いしますかね」と答える一幕があった。
Tags: 2009年, オールカマー, マツリダゴッホ, wins:, Matsurida, Gogh, ドリームジャーニー, 2nd:, Dream, Journey, シンゲン, 3rd:, Shingen, 産経賞オールカマー, 天皇賞前哨戦, サンケイ賞オールカマー, 中山競馬場

2005 京都大賞典(G2) リンカーン 実力馬の復活勝利 [02:51]
2005年も春シーズンはGIではもう一息の成績。秋の京都大賞典で2004年の阪神大賞典以来の勝利を挙げるが、その後のGI3戦では有馬記念の3着が最高着順であった。
Tags: 2005年, 京都大賞典, リンカーン, wins:, Lincoln, コイントス, 2nd:, Coin, Toss, 農林水産省賞典京都大賞典, 天皇賞前哨戦, , 京都競馬場, Tenno, Sho, Autumn, Or, Japan, Cup, Step, Race, Grade2, Turf, 2400m, 3years, Old,

1998 京都大賞典(G2) セイウンスカイ 逃げ完勝 メジロブライト2着 [02:34]
秋の初戦、京都大賞典では、序盤で大きく後続を離しながら3コーナーでいったんペースを落として後続を引きつけ、最後の直線で突き放す戦法でレースを支配し、この年の春の天皇賞優勝馬メジロブライトを首差抑え勝ち、菊花賞への出走が決定した。
Tags: 1998年, 京都大賞典, セイウンスカイ, Seiun, Sky, メジロブライト, Mejiro, Bright, シルクジャスティス, Silk, Justice, 農林水産省賞典京都大賞典, 天皇賞前哨戦, , 京都競馬場, Tenno, Sho, Autumn, Or, Japan,

1993 京都大賞典(G2) メジロマックイーン レコード走破 芦毛の名馬 [02:55]
京都大賞典では、2分22秒7という当時のコースレコードで、レガシーワールドに3馬身半差をつけ優勝。この結果、獲得賞金が史上初の10億円突破となった。しかし、天皇賞(秋)4日前に左前脚部繋靱帯炎を発症、そのまま引退・種牡馬入りが発表され、約1ヶ月後の11月21日、京都競馬場で引退式が行われた。 「無尽蔵」とも言われた豊富なスタミナから、ハイペースの長距離戦でも先行押し切りというレーススタイルで、一般的にステイヤー(長距離得意の馬)と認識されており、「史上最強のステイヤー」とも評される。しかし5歳以降に手綱を執った武豊は、「短距離でも充分に強く、ただ距離が持つだけ」「マイルのGIレースでも勝負になった」と発言している。また、一般に見られる例とは逆に、加齢と共にレースでの落ち着きを失っていったといい、1993年春の天皇賞前には「今のマックイーンに3200mは長すぎます」とも語っていた。 1991年春の天皇賞を勝った時点では、武はその能力について、「平成三強」と呼ばれたオグリキャップ、スーパークリーク、イナリワン (いずれも武が騎乗した)と比較する段階ではないと語っていた。その後、7歳の大阪杯で初めて「三強のような凄味が出てきた」と評し、結果的にラストランとなった京都大賞典の後には「今さら僕がどうのこうの言うレベルじゃない。本当に凄い馬ですよ」と絶賛した。当時、7歳は一般に衰えが見られる年齢とされており、その成長曲線の特殊性が指摘されている。
Tags: 1993年, 京都大賞典, メジロマックイーン, wins:, Mejiro, mcqueen, レガシーワールド, 2nd:, Legacy, World, 農林水産省賞典京都大賞典, 天皇賞前哨戦, , 京都競馬場, Tenno, Sho, Autumn, Or, Japan, Cup, Step, Race, G

1993 オールカマー(G3) ツインターボ 個性派の逃亡者 [02:45]
1993年秋緒戦としてオールカマーに出走。当年の天皇賞(春)を含むGI競走2勝のライスシャワーら一線級の相手となったが、当日はライスシャワーと桜花賞優勝馬シスタートウショウに次ぐ3番人気に支持された。レースは常の通りスタートから先頭を奪い、向正面では2番手ホワイトストーンに約10馬身、さらにその後続集団まで10馬身以上という大差を付けて逃げ続けた。ただ1頭で最後の直線に入ると、ゴールまで脚は鈍らず、2着ハシルショウグンに5馬身差を付けて重賞2連勝を遂げた。2番手を進んだホワイトストーン騎乗の柴田政人が「あれ以上深追いしてたらホワイトストーンが潰れていた」と語るように、後続が無理な追走で共倒れすることを恐れた結果であったが、ツインターボの前半1000m通過は59秒5と比較的早い程度のペースであった。中舘は競走後にパトロールフィルムを見た際の感想として「何でこんなに離れているんだろうって、信じられなかった」と述べている。 逃げ切り圧勝か、さもなければ失速惨敗というレース振りから、俗に「玉砕型」と呼ばれるタイプの逃げ馬の象徴的な存在となっており、2004年に日本中央競馬会の広報誌『優駿』行った「個性派ホースベスト10」という企画において、1980-2000年代の逃げ馬部門で識者・読者双方の投票でいずれもサイレンススズカに次ぐ第2位に選ばれた。サイレンススズカは「強い逃げ馬」の筆頭として名を挙げられており、選者を務めた須田鷹雄は、識者投票の席上で事前に「サイレンススズカを選ぶ方向なのか、ツインターボを選ぶ方向なのか」という議論があったとしている。
Tags: 1993年, オールカマー, ツインターボ, wins:, Twin, Turbo, 2nd:, ハシルショウグン, 産経賞オールカマー, 天皇賞前哨戦, サンケイ賞オールカマー, 中山競馬場, Tenno, Sho, Autumn, Step, Race, Grade3, Turf, 2200m,

1 | 2 | 3

   arlington   attele   australia   barrel   barrel racing   belmont   betting   calder   cars   cavalli   cheval   corse   course   cox   crash   cup   day   derby   dirt   diva   downs   dressage   driver   equestrian   equine   eventing   extreme   flemington   free   grid   handicap   handicapping   harness   harrahs   horse   horse racing   horseracing   horseracingkid   horses   hunter   ippica   jockey   jump   jumping   kart   lap   louisiana downs   makybe   mohawk   moonee   motor   nascar   new   oaks   of   order of finish   parimutuel betting   park   phar   plate   polish   pony   quarter   quarter horse   race   races   raceway   racing   replay   replays   riding   rodeo   selections   series   speed   speedway   sport   sports   stakes   stock   the   thoroughbred   thoroughbred horse racing   tor służewiec   trab   track   training   trav   trot   trotto   turf   valley   wagering   weg   western   woodbine   wyścigi konne   2009   2010  

Horse Racing Events Calendar

August 2014
S M T W T F S
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 1 2 3 4 5 6