Videos tagged with "天皇賞(秋)"

P 2012/10/28 GⅠ 天皇賞(秋) [02:12]
2012/10/28(日) 4回東京9日目 11R 2000m芝B 良1 着 ⑫エイシンフラッシュ ・・・・・・・ 1.57.3 11-12-12 33.1 58.0 M.デ2 着 ④フェノーメノ ・・・・・・・・・・・・・ 1.57.4 04-04-04 33.8 56.0 蛯名正3 着 ⑥ルーラーシップ ・・・・・・・・・・ 1.57.6 16-15-15 33.1 58.0 メンデ4 着 ⑬ダークシャドウ ・・・・・・・・・・ 1.57.7 09-11-11 33.6 58.0 福永祐5 着 ⑯カレンブラックヒル ・・・・・・・ 1.57.7 02-02-02 34.5 56.0 秋山真6 着 ⑪ジャスタウェイ ・・・・・・・・・・ 1.57.8 05-05-06 34.0 56.0 内田博7 着 ⑧ジャガーメイル ・・・・・・・・・・ 1.57.9 14-14-14 33.6 58.0 石橋脩8 着 ⑤サダムパテック ・・・・・・・・・ 1.57.9 09-07-07 34.0 58.0 武豊9 着 ①ナカヤマナイト ・・・・・・・・・・ 1.58.1 12-16-17 33.5 58.0 柴田善10着 ⑨ダイワファルコン ・・・・・・・・ 1.58.1 03-03-03 34.8 58.0 北村宏11着 ⑦アーネストリー ・・・・・・・・・・ 1.58.3 05-05-05 34.6 58.0 佐藤哲12着 ②シルポート ・・・・・・・・・・・・・ 1.58.6 01-01-01 37.9 58.0 小牧太13着 ⑮トーセンジョーダン ・・・・・・・ 1.58.7 12-12-12 34.5 58.0 スミヨ14着 ③ネヴァブション ・・・・・・・・・・ 1.59.0 17-17-15 34.5 58.0 三浦皇15着 ⑩フェデラリスト ・・・・・・・・・・・ 1.59.0 07-07-10 35.0 58.0 横山典16着 ⑰マイネルスターリー ・・・・・・ 1.59.6 18-17-18 34.9 58.0 松岡正17着 ⑭トランスワープ ・・・・・・・・・・ 1.59.7 07-07-07 35.8 58.0 大野拓18着 ⑱トゥザグローリー ・・・・・・・・ 2.00.4 14-07-07 36.5 58.0 岩田康12.5-11.2-11.1-11.2-11.3-11.6-11.8-12.0-12.8-11.8 2-16-9-4(7,11)(10,14)(5,13)12(1,15)(8,18)6,3,17 2=16,9-4(7,11)(5,10,14

【秋天】第144回天皇賞(秋)(G1)(2011年) トーセンジョーダン [01:15]
第144回天皇賞(秋)(G1)は、トーセンジョーダンが日本レコードでG1初制覇。 【第144回天皇賞(秋)(2011年)結果】 1着 12番 トーセンジョーダン 牡5 58kg N.ピンナ2着 7番 ダークシャドウ 牡4 58kg F.ベリー3着 8番 ペルーサ 牡4 58kg 横山典弘4着 5番 ブエナビスタ 牝5 56kg 岩田康誠5着 17番 トゥザグローリー 牡4 58kg 福永祐一6着 4番 エイシンフラッシュ 牡4 58kg C.ルメール7着 16番 ナリタクリスタル 牡5 58kg 武豊8着 13番 ミッキードリーム 牡4 58kg 和田竜二9着 9番 ジャガーメイル 牡7 58kg 四位洋文10着 11番 ローズキングダム 牡4 58kg I.メンディザバル11着 15番 シンゲン 牡8 58kg 田辺裕信12着 3番 アクシオン 牡8 58kg 柴田善臣13着 14番 シャドウゲイト 牡9 58kg 田中勝春14着 18番 アーネストリー 牡6 58kg 佐藤哲三15着 2番 ダノンヨーヨー 牡5 58kg 後藤浩輝16着 1番 シルポート 牡6 58kg 蛯名正義17着 6番 ビッグウィーク 牡4 58kg 川田将雅中止 10番 メイショウベルーガ 牝6 56kg 池添謙一メイショウベルーガは右前繋靱帯不全断裂。 トーセンジョーダンが1分56秒1という驚異の日本レコードで秋の天皇賞馬に。 秋天は、第46回アルゼンチン共和国杯(G2)2008年 を制した、スクリーンヒーロー(第140回天皇賞(秋)(G1)2009年 2着)、そして、トーセンジョーダン(第48回アルゼンチン共和国杯(G2)2010年 1着)と、前年のアルゼンチン共和国杯の勝ち馬が、好走するパターンが、確立?? 近4年のアルゼンチン共和国杯 連対馬8頭中5頭がG1馬に。 第47回アルゼンチン共和国杯(G2) 2着アーネストリー(第52回宝塚記念(G1)1着) 第45回アルゼンチン共和国杯(G2) 1着アドマイヤジュピタ(第137回天皇賞(春)(G1)1着) 【トーセンジョーダン 主な重賞勝ち鞍】 第47回札幌記念(G2 ...
Tags: 秋天, 第144回, 天皇賞(秋), G1, 2011年, トーセンジョーダン, ウインズ汐留, WINS, WINS汐留, 汐留, ダークシャドウ, ペルーサ, ブエナビスタ, エイシンフラッシュ, ローズキングダム, アーネスト

2009 オールカマー(G2) マツリダゴッホ 逃げ快勝 中山のスペシャリスト [02:50]
9月27日のオールカマーに出走し、鞍上の横山典弘がスタートからハナを奪うとそのまま最後まで脚色が衰えることなくゴールイン。JRA史上5頭目の同一重賞3連覇を達成した。迎えた天皇賞(秋)では道中3番手でレースを進めるも直線で失速しブービーの17着と大敗した。 経歴のとおり、重賞勝ち(アメリカジョッキークラブカップ、オールカマー3回、有馬記念、日経賞)はすべて中山競馬場で挙げているほどの中山巧者で、全体でも13戦8勝と高い勝率を誇り、負けたレースも2着1回3着1回、と競走中止となったセントライト記念と5、6歳時の有馬記念を除けばすべて馬券に絡んでいる。その反面、中山競馬場以外では札幌競馬場での2勝があるのみで、特に東京競馬場のような左回りのレースでは不本意な結果(最高で2008年ジャパンカップの4着)となることが多い。有馬記念勝利後、国枝調教師は「練習すれば左回りも大丈夫」と苦手な左回りの克服に自信を見せたが、最後に冗談のように「他のGIも中山競馬場でやるよう、JRAにお願いしますかね」と答える一幕があった。
Tags: 2009年, オールカマー, マツリダゴッホ, wins:, Matsurida, Gogh, ドリームジャーニー, 2nd:, Dream, Journey, シンゲン, 3rd:, Shingen, 産経賞オールカマー, 天皇賞前哨戦, サンケイ賞オールカマー, 中山競馬場

1996 菊花賞(G1) ダンスインザダーク 豪脚爆発 [03:19]
夏は社台ファームで休養に充てた後、9月に帰厩。翌月の京都新聞杯から始動し、ロイヤルタッチ、イシノサンデー等を退けて勝利を収めた。11月3日にクラシック最終戦・菊花賞を迎える。当日は本馬が1番人気、復帰緒戦で敗れていたフサイチコンコルドが2番人気となった。ダンスインザダークは中団からレースを進めたが、周回2周目の第3コーナーから最終コーナーにかけて、失速してきた先行馬に進路を塞がれ、直線では後方12番手という位置取りとなった。しかし武は馬群の流れに乗りながら徐々に外に持ち出すと、最後は先頭を行ったロイヤルタッチを一気に交わし、1着で入線。春の雪辱を果たす形でクラシック最後の一冠を制した。推定上がり3ハロンは33秒8という、長距離競走としては破格のタイムであった。橋口は進路を失って下がった瞬間を「これは駄目だ、掲示板もないかと思いました」と述懐し、「武騎手でなければ勝てていません。別の騎手なら3着だったでしょうね」と、直線での武の手綱捌きを賞賛した。 菊花賞の翌日、屈腱炎を発症している事が判明。そのまま引退が決定した。当年の年度表彰では、フサイチコンコルド、4歳馬として戦後初めて天皇賞(秋)を制したバブルガムフェローを抑え、最優秀4歳牡馬に選出された。バブルガムフェローとは同郷であり、武が最初にダンスインザダークに跨った時から、生産者の吉田照哉に「関東に1頭凄いのが行く」と聞かされていたというが、春に故障休養していたこともあり、対戦のないまま終わった。
Tags: 1996年, 菊花賞, ダンスインザダーク, wins:, Dance, In, The, Dark, ロイヤルタッチ, 2nd:, Royal, Touch, フサイチコンコルド, 3rd:, Fusaichi, Concorde, 菊花賞馬, クラシックホース, Kikuka, Sho, Japanese, St., Leger, Grad

1999 天皇賞(春)(G1) スペシャルウィーク 王者の証 メジロブライト2着 [01:24]
天皇賞(春)は直線でメジロブライトの追撃を1/2馬身抑えて勝利した。 サンデーサイレンス産駒としては穏やかな性格で荒々しいところは少なく、競馬でかかることもまれだった。レースも調教も自分に与えられた仕事を黙々とこなす馬で、厩舎で牝馬とすれ違っても見向きもしなかったという[要出典] 。 3歳時には瞬発力と、前をとらえる勝負根性を生かして差しの戦法を用いることが多かったが、セイウンスカイやエルコンドルパサーなど前にいる馬をとらえ切れないレースが秋に続いた。古馬になってからは先行に近い戦法で競馬をすることで、確実に前をとらえる競馬ができるようになっていった。しかし、ややかかることもあり、宝塚記念では今度は差し馬のグラスワンダーに敗れたことや、京都大賞典での敗戦から、再び馬群の中団より後方で待機する差しの戦法を用いることになった。これが見事に的中し、調子を立て直して天皇賞(秋)やジャパンカップを連勝した。
Tags: 1999年, 天皇賞(春), スペシャルウィーク, wins:, Special, Week, メジロブライト, 2nd:, Mejiro, Bright, 春の天皇賞馬, 天皇賞(春), 春天, , , 京都競馬場, Tenno, Sho, Spring, Grade1, Turf, 3200m, 4years, old, and,

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6

   arlington   attele   australia   barrel   barrel racing   belmont   betting   calder   cars   cavalli   cheval   corse   course   cox   crash   cup   day   derby   dirt   diva   downs   dressage   driver   equestrian   equine   eventing   extreme   flemington   free   grid   handicap   handicapping   harness   harrahs   horse   horse racing   horseracing   horseracingkid   horses   hunter   ippica   jockey   jump   jumping   kart   lap   louisiana downs   makybe   mohawk   moonee   motor   nascar   new   oaks   of   order of finish   parimutuel betting   park   phar   plate   polish   pony   quarter   quarter horse   race   races   raceway   racing   replay   replays   riding   rodeo   selections   series   speed   speedway   sport   sports   stakes   stock   the   thoroughbred   thoroughbred horse racing   tor służewiec   trab   track   training   trav   trot   trotto   turf   valley   wagering   weg   western   woodbine   wyścigi konne   2009   2010  

Horse Racing Events Calendar

July 2014
S M T W T F S
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9