Videos tagged with "1980"

Genuine Risk [08:25]
Trained by LeRoy Jolley, Genuine Risk won the Kentucky Derby by a length in 1980, joining 1915 Derby winner Regret as the second filly to win the Derby. Winning Colors became the third in 1988. Genuine Risk, who finished second in the Preakness and Belmont, remains the only filly to finish in the money in all three Triple Crown races. Her defeat in the Preakness was controversial, coming after jockey Angel Cordero Jr. allowed eventual winner Codex to drift out, carrying Genuine Risk wide on the turn for home just as she was challenging. She lost by 4 3/4 lengths. Adding to the controversy, Genuine Risk's rider, Jacinto Vasquez, lodged a foul against Cordero, claiming that Cordero also had hit Genuine Risk on the head while whipping Codex right-handed. But the stewards let the order of finish stand. "It's hard to say whether she'd have won," Jolley said. "Obviously, Codex ran very well that day, and she certainly didn't benefit from the incident. It had to cost her a pretty good amount. But whether she could have won or not, who knows? I would like to have seen it done in a normal manner, and we'd have had a lot better answer." Bred by Mrs. G. Watts Humphrey Jr. in Kentucky, Genuine Risk sold to the Firestones as a yearling for $32000 at Fasig-Tipton's 1978 summer yearling sale. The Firestones initially did not have her on their list until their son Matthew, 14 at the time, told them he thought she deserved a look. Matthew helped break Genuine Risk later that year at ...
Tags: Race, horse, genuine, risk, kentucky, derby, winner, filly, firestone, leroy, jolley, jacinto, vasquez

1993 オールカマー(G3) ツインターボ 個性派の逃亡者 [02:45]
1993年秋緒戦としてオールカマーに出走。当年の天皇賞(春)を含むGI競走2勝のライスシャワーら一線級の相手となったが、当日はライスシャワーと桜花賞優勝馬シスタートウショウに次ぐ3番人気に支持された。レースは常の通りスタートから先頭を奪い、向正面では2番手ホワイトストーンに約10馬身、さらにその後続集団まで10馬身以上という大差を付けて逃げ続けた。ただ1頭で最後の直線に入ると、ゴールまで脚は鈍らず、2着ハシルショウグンに5馬身差を付けて重賞2連勝を遂げた。2番手を進んだホワイトストーン騎乗の柴田政人が「あれ以上深追いしてたらホワイトストーンが潰れていた」と語るように、後続が無理な追走で共倒れすることを恐れた結果であったが、ツインターボの前半1000m通過は59秒5と比較的早い程度のペースであった。中舘は競走後にパトロールフィルムを見た際の感想として「何でこんなに離れているんだろうって、信じられなかった」と述べている。 逃げ切り圧勝か、さもなければ失速惨敗というレース振りから、俗に「玉砕型」と呼ばれるタイプの逃げ馬の象徴的な存在となっており、2004年に日本中央競馬会の広報誌『優駿』行った「個性派ホースベスト10」という企画において、1980-2000年代の逃げ馬部門で識者・読者双方の投票でいずれもサイレンススズカに次ぐ第2位に選ばれた。サイレンススズカは「強い逃げ馬」の筆頭として名を挙げられており、選者を務めた須田鷹雄は、識者投票の席上で事前に「サイレンススズカを選ぶ方向なのか、ツインターボを選ぶ方向なのか」という議論があったとしている。
Tags: 1993年, オールカマー, ツインターボ, wins:, Twin, Turbo, 2nd:, ハシルショウグン, 産経賞オールカマー, 天皇賞前哨戦, サンケイ賞オールカマー, 中山競馬場, Tenno, Sho, Autumn, Step, Race, Grade3, Turf, 2200m,

1997 天皇賞(秋)(G1) エアグルーヴ vs バブルガムフェロー 名勝負 [02:10]
この年からGIIに昇格した牡馬混合の札幌記念ではGI2勝のジェニュイン、秋華賞で先着を許したエリモシックを相手に勝利、大目標である牡馬相手の天皇賞(秋)に挑むこととなった。 そして本番の天皇賞(秋)では2番人気に支持され、1番人気には前年度の優勝馬で前哨戦の毎日王冠にも優勝したバブルガムフェローが単勝1.5倍で支持されていた。 レースがスタートすると、サイレンススズカが1000m58秒5の大逃げを打った。直線に入るとサイレンススズカをバブルガムフェローの外から交わし、最後は壮絶な叩き合いとなり、バブルガムフェローをクビ差抑えて勝利した。なお牝馬の天皇賞(秋)制覇は1980年にプリテイキャストが制して以来、17年ぶりで、かつ2000mに短縮されてからは史上初のことであった。 鞍上の意のままに動ける抜群のレースセンスを備え、力強さと鋭さを兼備した末脚を安定して繰り出すことができる、極めて優秀な競走馬であった。 トニービン産駒の特徴と言われる「府中に強い」という特徴がエアグルーヴについても言え、獲得した2つのGIタイトルはともに東京競馬場でのものであった。この他にもジャパンカップで2年連続2着に入るなど、東京競馬場では非常に安定した成績を残した。 一般に牝馬は牡馬と比較して勝負根性面で大きく劣ると言われるが、エアグルーヴは牡馬顔負けの勝負根性と精神力を持っていた。天皇賞(秋)では1番人気のバブルガムフェローを死闘の末に競り落とし、1997年ジャパンカップでは内からピルサドスキーに交わされた後、再び差し返す構えを見せた。また、挟まれて急ブレーキを踏むという致命的な不利を受けた旧3歳時のいちょうSでは、戦意喪失することなく盛り返し差し切るという離れ業を演じている。 レース中に骨折した秋華賞、レース中に落鉄し5着に終わった引退 ...
Tags: 1997年, 第116回, 天皇賞(秋), エアグルーヴ, Air, Groove, バブルガムフェロー, Bubble, Gum, Fellow, 秋の天皇賞馬, 天皇賞(秋), 秋天, , 府中, 東京競馬場, Tenno, Sho, Autumn, Grade1, Turf, 2000m, 3years, Old, And,

1997 札幌記念(G2) エアグルーヴ 最強女王の貫禄 [02:12]
この年からGIIに昇格した牡馬混合の札幌記念ではGI2勝のジェニュイン、秋華賞で先着を許したエリモシックを相手に勝利、大目標である牡馬相手の天皇賞(秋)に挑むこととなった。 そして本番の天皇賞(秋)では2番人気に支持され、1番人気には前年度の優勝馬で前哨戦の毎日王冠にも優勝したバブルガムフェローが単勝1.5倍で支持されていた。 レースがスタートすると、サイレンススズカが1000m58秒5の大逃げを打った。直線に入るとサイレンススズカをバブルガムフェローの外から交わし、最後は壮絶な叩き合いとなり、バブルガムフェローをクビ差抑えて勝利した。なお牝馬の天皇賞(秋)制覇は1980年にプリテイキャストが制して以来、17年ぶりで、かつ2000mに短縮されてからは史上初のことであった。
Tags: 1997年, 札幌記念, エアグルーヴ, Air, Groove, エリモシック, Erimo, Chic, 札幌競馬場, Sapporo, Kinen, Tenno, Sho, Autumn, step, race, Grade2, Turf, 2000m, 3years, old, and, up, 武豊騎手, 歴史的名馬, 歴史的名牝, 最優秀

1... 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15

   arlington   attele   australia   barrel   barrel racing   belmont   betting   calder   cars   cavalli   cheval   corse   course   cox   crash   cup   day   derby   dirt   diva   downs   dressage   driver   equestrian   equine   eventing   extreme   flemington   free   grid   handicap   handicapping   harness   harrahs   horse   horse racing   horseracing   horseracingkid   horses   hunter   ippica   jockey   jump   jumping   kart   lap   louisiana downs   makybe   mohawk   moonee   motor   nascar   new   oaks   of   order of finish   parimutuel betting   park   phar   plate   polish   pony   quarter   quarter horse   race   races   raceway   racing   replay   replays   riding   rodeo   selections   series   speed   speedway   sport   sports   stakes   stock   the   thoroughbred   thoroughbred horse racing   tor służewiec   trab   track   training   trav   trot   trotto   turf   valley   wagering   weg   western   woodbine   wyścigi konne   2009   2010  

Horse Racing Events Calendar

September 2014
S M T W T F S
31 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11